墓石選びの専門家

実は墓石を購入して、その中に遺骨を入れるだけでは完璧な墓ではないのです。石に魂が入っていないのです。納骨を行なうのと同時に、死者の魂を招き入れる法要を行い墓石に故人の魂を招き入れる必要があります。単なる習慣にすぎませんが、故人の新居ができた祝いの儀式でもあるので、通常は参列者を集めて儀式をとり行います。
巻き石と呼ばれているものとは墓石を置いているお墓のボーダーラインをはっきりするのに使わるもので、墓石を建てる場合には非常に大切なものになります。住宅などを建てる際にも当然境界というものはあって、絶対に他の敷地にはかかっては駄目なことに決められているために気を付けなければ駄目なのです。
昔は墓石に書き入れる言葉は一般的に定番のもののみしかなかったのですが、近頃では亡くなった人の好きな文章や、残された家族達の思いを書き入れる人が増えているのです。書き入れる字は好みの字体を自由に入れるようにすることが可能で、加えて個人的に書いたものさえも書き入れることができます。
お墓の中に他界した人の骨壷を入れる行為を納骨と呼びます。葬儀後間もなく納骨する地方も存在していますし、死後1年で納骨してしまう地域も存在します。納骨を行なう期日に規則は無いのです。お住まいの土地に残る風習に従うと楽です。お墓自体がないならば、死後1年までに作ると納骨の儀式がスムースに行なえます。

高額な墓石になると、かなり造りが複雑になっているのが一般的となります。広さがそれほどないと言う場所に建てるケースには、自然と造りがシンプルになってしまうのですが、広い土地に建てる場合は、外柵根石や敷石とかも必要となり、花立とかの付属品も大きくしなければいない場合が多くなるので、普通に価格も上がることになってしまいます。
買ってしまえばずっと持つだろうとされているものなのが墓石です。仮に人類が滅びても石はいつまでも残るものだと言われているもので、その他の素材でそんなものはほとんどないと考えられているのです。とは言っても一度も手入れしないと汚れるので、ずっと美しく保存したい人は、定期的にメンテナンスを行うことを心掛けて下さい。

最低限度の清掃は墓地の管理人が行ってくれますが、墓石を濡れ雑巾で磨き上げるなどの作業は通常は1人で行なう必要があります。雑巾では落ちないような汚れに関しては、タワシで洗ってください。それでも駄目なら墓石用の洗剤を買ってきて丁寧に洗ってください。
どの方角に墓石を設置していいか分からないという人もたくさんいると思われます。そんな時には墓石を購入する業者に尋ねれば解決しますが、今の時代にはインターネットで調査すれば即時に分かることなので、自分で少しは理解するようにして、その上で墓石店などと相談するようにして最良の方向で建てるようにすればいいのです。