墓石産業の今後

最近では住宅を建設する場合にもいろいろな地震に対するシステムが出てきていますが、墓石にも地震対策を考えている人達が増えています。地震大国と呼ばれる日本では資産を保護するために様々な道具が開発されていますが、この頃はお墓を守るために開発されたアイテムも出ていて、取り付けるだけでお墓の転倒を防げる道具も発売されているのです。
墓石、あるいは墓地探しで成功をしたいときは、その道の専門家の助言を最初から仰いだ方がいいです。例えば今は墓石ディレクターのような職種の専門家が居ます。その手の人にちょっとしたコストをかけてでも協力をお願いした方が、最終的に総額でお安く仕上がります。
高額な墓石を持っている場合においては、相続税のことを心配する人達もたくさんいると推測されますが、墓石に対しては相続税はかからないので安心です。しかし親などが亡くなった場合においては、墓地が存在するお寺などに届出しなければいけないので、しっかり忘れないように必ず行うようにしなくてはいけません。
一般的には和型の墓石が大きくて、洋風のものが小さ目になります。しかしながら墓石は特別注文して造ることが可能となっているので、個人個人の好きな寸法にすることが可能で、大きくしようと思えば大分大きく造り上げることが可能になります。もちろん大きくするとやはり金額も上がることになるので、その点は注意しておくようにするといいでしょう。

墓石の補修工事にはお金が必要です。墓石が傾いて倒壊しそうになっている状態では、補修の作業が必要になります。もしも基礎から傾いている状況では、補修工事に100万円以上必要です。大柄な墓石ほど20年ほどでそういった補修工事が必要になってしまいます。頭に入れておいてください。
基本的に長男以外は墓石を自力で用意しなければいけません。結局たいていの人がお墓に関する素人にすぎないので、さまざまな失敗を犯してしまいがちです。失敗例をあげるなら、お墓を選んで、そのお墓に自分で探してきた業者を利用し墓石を作ろうとして断られたなど、いろいろな失敗が生じます。困ってしまったらプロに相談しましょう。

先祖代々引き継いできた墓石が汚くなってぼちぼち新しいものにしようかと計画している人も数多くいると思われます。しかし墓石はクリーニングをすることで相当新しくなるケースもあり、そうなると大きく支払を抑えるということが可能になるので、是非墓石店に相談してみるといいでしょう。
基本的に立て替え工事で不要になったお墓の石は、墓地と契約している業者によって処理されます。そのような状況をご存じない人が、盛んに中古の墓石の存在を語りますが完全なる嘘です。墓石は運び出された後に粉々にされ、地盤材などに再活用されます。当然運び出す前に、ちゃんと故人の魂を抜き取る法要は催されます。