はじめに

兄弟が多い家庭では、どうしても墓石を所有していない人が多くなるのです。その場合は自分の子供に迷惑がかかることも十分に考慮して、自分が生きている間に事前に墓石を物色して買っておくことをおすすめします。本当にそのようにしている人達もこの頃は水分増えてきているそうなのです。
お墓というのはただ単に墓石を購入すればいいというだけにとどまらずセットで基礎工事を行うことが必要になります。したがって墓石を買う場合の値段にはその分も入れられていて、見積りを見れば普通は基礎工事の値段も載せられているのですが、一括でまとめてある場合もあるので、値段が気になるという場合は買う墓石会社に確認してみましょう。
墓石にプラスするオプションはたくさん存在します。灯篭や物置台、拝石などそれこそきりがありません。最初は必要最低限にして徐々に付属品を充実させていくやり方もいいです。最初から頑張りすぎないで、ちゃんとした墓石をどんと設けてあげれば問題ないです。それ以外の関連品は後からでも後世に託しても構いません。
今はオリジナルの彫刻を墓石の表にやってもらう人も多いです。お気に入りの花の絵を彫り込んでもらったり、生前に好きだった生き物を彫ってもらったり、さまざまです。他界した人のフルネームは当然ですが、好きな漢字など、何でも注文をすれば石工のハンドメイドで墓石に表現してもらえるのです。

最も人気の高い墓石は、欧米式の簡素な小さい墓石です。これから先新しくお墓を作る若い世代は、きっとほとんどが西洋式を選ぶと予想されます。結果として、背丈の低い墓石がだんだんと増えると予想されています。現状でも歴史の浅い墓所は大部分が洋式の墓石で埋まっています。
墓石店業界は近年決して良い経済状況とは言えません。何年も不景気が続いていることもあり、少し前までのように敢えて高いお金を墓石にかける人達は減少しているのです。その上少子化問題が深刻化していて、将来的にはますますニーズがなくなると言われていて、駄目になるところがかなり多くなっているそうなのです。

中古を使いまわした墓石はないです。普通お墓の石が不要になり処理される場合は、魂を抜く儀式が開催され、その後で業者が持っていくのです。お墓の石を持っていった業者はその墓石を粉砕して廃棄するか地盤材にして工事の現場で再利用するのです。お墓の石を再利用するなどありません。
近年墓地不足問題が深刻化しているのです。中でも首都圏などの大都会の中では人口の集中や世帯の増加などのために、墓地を新たに開発するのが大分難しくなっていて、需要はあっても対応が難しくなってきている状態という事です。という訳で首都圏では室内に墓石を置く人も増えているようなのです。