喪中はがきの準備はお早めに

毎年年末が近づくにつれ、何だか時間が過ぎるのが早いと感じませんか。12月は仕事納めや自宅の大掃除に年賀状作成とやることがたくさんありますね。中でも、毎年なかなか手をつけることができないのが、年賀状や喪中はがきの作成です。年賀状はいつもギリギリになって完成する方も多いのではないでしょうか。喪中の場合は、11月後半~12月上旬に相手方に届くことが理想ですので、ある程度余裕を持って準備することが必要ですよね。たいていは、自分の両親・祖父母が亡くなった場合に喪中はがきを出します。最近は、ある程度デザインなども選ぶことができて、故人の好みや雰囲気に合わせることもできます。お花が好きな方でしたらお花のデザインを選んだりすると、もらった相手の方にも人柄が伝わりおもい出していただけますよね。年末が近づきましたら、余裕を持って準備できるといいですね。

喪中はがきには素晴らしい特典があります。

喪中はがきは、割引で購入することが出来ますが枚数は多めじゃないといけないかもしれないです。デザインも130種類ほどありますので、お好きなデザインで申し込むことが出来るかもしれないです。マイぺ-ジに登録をしていた場合は送料が無料になる場合がありますし、抽選で3000円が当たるかもしれないと考えられています。宛名が無料になることもあるかもしれないです。即日出荷することも出来て感動するかもしれないです。内容次第で値段が高くなる場合がありますが、ハガキが高級品を使用しているかもしれないです。曜日と時間指定が出来ますから安心することも可能になっています。一部1080円もお得になる場合があるので素晴らしいかもしれないです。家族でも複数で申し込んだほうが得ではないかと考えられていますし、美しいデザインで感動して下さるかもしれないです。

喪中はがきを送りたい人にアドバイスしました。

1年以内に近親者が亡くなった時は、服喪をする必要があるため、新年の挨拶を欠くことを伝えるために、喪中はがきを送る必要があります。連絡の必要のない親戚には送らないことがほとんどです。毎年年賀状を届けてくれる人には、11月の末から12月の初め頃には届くように送るのが大切なマナーになっています。現代は葬儀は家族葬を行う人が増えていますが、きちんと年忌を行って喪に服したいという考え方の人は多い傾向があります。喪中はがきを年内に受け取った場合は、新年の挨拶の年賀状を送るのを控えるようにして下さい。専門業者に依頼すると、はがきを製作してくれるので、早めに依頼しておくと安心です。宗派によって多少の違いがあるので、きちんと確認をしておくと安心できます。家族が亡くなると多忙な人が多いですが、喪中はがきはきちんと送るようにしましょう。