スーパースローの映像について

私はよくテレビなどでスポーツ番組などを見るのですが、数年前からスーパースローの映像を流すようになってきており、とても迫力があり見ごたえがあり私はとても好きでした。アスリートたちの汗が飛び散る瞬間や、球技でのシュートが入る瞬間などを細かく見る事が出来て、周囲のプレイヤーの表情も細かく観察する事が出来てスポーツなどを一層楽しむことが出来ると感じました。最近は家電製品売り場などに行くと、スーパースローの録画機能を備えたカメラが発売されており、種類も何種類もあり、今購入しようか悩んでいる所です。私自身バスケットやスノーボードなどをするのですが、テレビで見たように臨場感ある映像がとれるようで、価格は10万円程で高価ですが、スポーツや撮影が一層楽しめると感じて今どの機種にしようか悩んでいる所です。現在子供もいるために色々な用途にも使用出来てよいと考えています。

迫力がある映像はスーパースロー

映像技術にスーパースローというものがあります。その名の通り、通常の速度より遅く再生できる技術です。遅く再生される映像からは色々な発見ができます。例えば、水滴が水面に落ち、水しぶきが上がる瞬間を遅く再生すると、非常にきれいで、波紋が広がるまでの過程を見ることができます。水は水面に着地した瞬間に、きれいなクラウンの形を作ります。水のはじけ方に関して水面に均等に力が加わっているという事がわかります。また、迫力ある映像もスーパースローで実現できます。波が押し寄せる映像を通常の速さで再生したのち、遅く再生すると、波が押し寄せてくる様が臨場感たっぷりに見る事ができます。このように、どのような現象でもスーパースローにすることによって新しい発見ができる事もあります。また、迫力ある映像を作り出すことができます。

高価なカメラがなくてもスーパースロー実現

スーパースローの映像はとても面白いです。その映像は機能満載な高価なカメラがあれば簡単に実現できますが、実は、普通のカメラで撮影した映像でも、比較的簡単に作成することができます。それは、パソコンを利用します。パソコンのソフトウェアで撮影した映像をスーパースローに加工する事の出来るものがあります。フリーで無料というものは見つける事ができませんでしたが、3万程度で販売されているソフトウェアはあります。高機能なカメラは100万円くらいしますので、それと比較すると断然低コストです。5万円のカメラで撮影した映像もプロ顔負けといったスーパースローに変換できます。映像加工や面白い映像、迫力ある映像を作るのに興味がある人は是非一度試してみてもよいと思います。近い未来、フリーソフトでこのような事が可能になる日も来るかもしれません。